2018.1/9

「漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へ」

漢方薬や鍼灸(しんきゅう)など日本や中国の伝統医療が、
今春にも開催される世界保健機関(WHO)の総会で認定される方針であることが8日、関係者への取材で分かった。
具体的には、国際的に統一した基準で定められた疾病分類である「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学の章が追加される。
100年以上、西洋医学一辺倒だった世界の医療基準の転換点となるとともに、中国と異なり独自に発展してきた日本の伝統医療の再評価につながる。

関係者によると、WHOが伝統医療に注目したのは、同機関で扱う医療の統計が西洋に偏り、
伝統医学での治療に依存しているアジアなどでほとんど統計が取られていないとされる「情報格差」を埋めることが目的にあるという。

ICDは1900(明治33)年に初めて国際会議で承認、日本でも同年に採用された。
約10年ごとに改訂され、現在は全22章から成るが、日本や中国などに根差した「伝統医療」が新しい章として加わる。
病名や患者の体質を示す「証(しょう)」が約300項目記載されるという。

ICDの作成にも携わった千葉大の並木隆雄診療教授(和漢診療学)は
「WHOに公式に認められれば、日本の伝統医療の地位向上に役立つ。
科学的な調査のもと、漢方の有効性も検討でき、成果は国民に大きく還元される」と話した。

日本の漢方は古代中国に起源があるものの、西洋医学と融合し、中国とは運用方法や処方の作り方も異なるなど独自の発展を遂げた。
鍼灸も奈良時代に漢方とともに伝えられ、「日本の医療」として進化。
特に中国はボールペンの芯ほどの太い鍼(はり)を使うが、日本は髪の毛ほどの細い鍼を使うところに特徴がある。

病気に対し狙いを絞って対処する西洋医学に対し、
東洋医学では、病気は全身の体内バランスが崩れて起こるという考えを持ち、同じ症状でも患者の体質によって治療を変える。
日本では昭和51年に147種の漢方エキス製剤が医療保険に適用。
漢方医学は平成13年から医学教育に、14年からは薬学教育にも導入された。





  

大山宗伯東洋医学記念館 2006年に新築、建て替えました。











大山宗伯東洋医学記念館 2006年に新築、建て替えました。



  







大山宗伯東洋医学記念館 2006年に新築、建て替えました。





下野新聞(アスポ) 地元の知識人クローズアップ! 漢方薬局を営む、佐野の大山さん。

女性の健康 ないしょの話

第8回

岡山大学医学博士、徳島大学薬学修士

大山博行さん

肥満症、ダイエットの悩みを解消!余分な脂肪を分解して生活習慣病を予防する!

佐野市出身で東洋医学(漢方薬・鍼灸)を専門に学んで博士号を取得した大山博行さんの調合する「肥満症に効く漢方薬」が好評を博している。
この漢方薬は、18種類の生薬を混合したもので、大山さんが(株)ツムラ在職時にお世話になった京都府立医大、医学博士吉田俊秀教授の研究グループが主に研究を進めているもの。
以下、大山さんの説明、「一般的に脂肪というと、皮下脂肪や内臓脂肪のように全身に広く分布してエネルギーを貯蔵する白色脂肪(WAT)を指します。
ところが、私達人間には、もう一つ、褐色脂肪(BAT)と呼ばれる別の脂肪組織が存在しています。
この褐色脂肪は、過食後の余分なエネルギー(中性脂肪)をミトコンドリアで酸化分解して熱として体外に放出する作用を持っています。
すなわち、白色脂肪は脂肪を蓄えて肥満をもたらしますが、褐色脂肪は、その逆で脂肪をどんどん燃やして全身の代謝を高めていきます。
ですから、この褐色脂肪を活発に働かせれば余分な脂肪が溜まることはなく肥満に悩まされる心配はありません。
昔から「痩せの大食い」と言われた人たちも、この褐色脂肪の働きから科学的にうまく説明できますね!」
また、この漢方薬は膵臓のランゲルハンス島β細胞に作用してインスリンの分泌を高め糖尿病の予防にも効果があるという。
痩せに用いる漢方薬は、東洋医学的に5種類に大別され、それぞれ体質に合ったものを選ぶことが重要、
自然の植物を原料としているのでリバウンドがなく、まったく安全という。
最近太りぎみで体脂肪やコレステロールが気になる人、更年期で自律神経失調ぎみの人、血流が悪く冷え性の人は、大山さんに一度相談してみるとよい。

営業時間は、9:30〜18:30 木日定休 ホームページ

東洋医学の達人!
医学博士で、鍼灸師、按摩・マッサージ・指圧師、薬剤師の国家資格を併せ持つ大山博行さん!!

 漢方薬局を営む佐野の大山さん

関東於血研究会会員店
さの厄除け大師通りの漢方専門
大山漢方薬局、同鍼灸院
佐野市金屋仲町2432
電話 0283-22-1574



                                      

お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。

大山漢方堂薬局
漢方健康相談コーナーへ、クリック!




佐野厄除け大師通りの漢方専門、大山漢方堂薬局 Web-Page へ、Go!!!

      

医薬品は使用上の注意をお読みいただき、正しくお使いください。
お買い求めの際には、漢方を現代病に活かす 漢方専門 大山漢方薬局に、お気軽にご相談ください。


「インターネットで見た!」
とお話ください。

(注意)
漢方専門 大山漢方堂薬局の 厳選、漢方薬、健康食品のご注文は、大山漢方薬局に、直接、お電話、FAX、E-mail にてご用命ください。
お電話:0283-22-1574、FAX:0283-22-1607、E-mail:ohyama@poem.ocn.ne.jp
お待ち致しております。


「大山漢方堂 漢方医学と漢方健康相談」

      大山漢方堂薬局の得意とする病気、大山漢方堂薬局に漢方相談のあるご病気一覧、

  大山漢方堂薬局 漢方健康相談窓口、医学博士大山博行先生、医学博士小松靖弘先生のご紹介

" THE KAMPO " 漢方
 漢方薬, How the Japanese Updated Traditional Herbal Medicine


<漢方薬のご服用をお考えの皆様へのお願い!>

*漢方薬のご服用に関しましては、
「使用上の注意」をよく読み、「用法・用量」をよく守り、適切にご服用ください。

また、今回、始めて、漢方薬のご服用を希望されるお客様は、
下記、問診表に必要事項を記入して送信するか、

漢方相談お申し込みフォーム

お電話にて、直接、大山漢方薬局に、ご相談ください。
症状・体質を詳しくお伺いした上で、適切な漢方薬をアドバイスさせて頂きます。

(大山漢方薬局 / 無料漢方相談電話 0283-22-1574 / 9:00〜19:00)

<注意>
大山漢方薬局、デジタル店舗で、お取り扱いの漢方薬は、すべて「一般用医薬品」です。

以上、よろしくお願い致します。

E-mail to Dr. Ohyama Kampo Pharmacy.


 漢方を現代病に活かす! 漢方専門 大山漢方薬局デジタル店舗へ!



大山漢方堂薬局 〒327-0026 栃木県佐野市金屋仲長町2432
TEL&FAX : 0283-22-1574  E-mail : ohyama@poem.ocn.ne.jp

                                        


         



漢方専門 漢方を現代病に活かす!漢方薬専門 大山漢方堂薬局

                       

            l