抑肝散(よくかんさん)

抑肝散(よくかんさん)

認知症の患者さんによい漢方薬!

出典: 薛鎧・薛己(セツガイ・セツキ)著 『保嬰撮要』

肝経の虚熱、蓄を発し、発熱咬牙、驚悸寒熱、あるいは木土に乗じて嘔吐痰涎、腹脹食少なく、睡臥不安なるものを治す。(急驚風門)

腹候

腹力中等度以下。腹直筋の拘攣を認める。 

気血水

気血水いずれにも関わる。

六病位

少陽病。

脈舌

原則的に、舌質はやや紅、舌苔は白、脈は弦細軟。

口訣

(本方を用いる時は)怒りはなしやと問うべし。(目黒道琢)。
この方を大人の半身不随に用いるのは和田東郭の経験である。(浅田宗伯)

適応病名・病態 効能・効果

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症: 神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症。

漢方医学的的適応病態

気血両虚の肝陽化風。
すなわち、いらいら、怒りっぽい、頭痛、めまい感、眠りが浅い、頭のふらつき筋肉の痙攣やひきつけ、
手足のふるえなどの肝陽化風の症候に、元気がない、疲れやすい、食が細い、皮膚につやがない、
動悸、しびれ感などの気血両虚の症候を伴うもの。『中医処方解説』

五臓の肝と胆の機能=「情報の処理と決断」=認知症に効果的

構成生薬

蒼朮4、茯苓4、川弓3、釣藤鈎3、当帰4、柴胡2、甘草1.5。(単位g)

中医学的解説

平肝熄風・補気血(平肝鎮驚・理気和胃)。

効果増強

ふるえ、ふらつきなど風動の症候が強ければ、桂枝加竜骨牡蛎湯と合方する。
いらいら、のぼせ、ほてりなど肝火の症候が強ければ、牡丹皮、山梔子を加味する。
または、加味逍遥散を合方する。
悪心、嘔吐、腹分膨満感などの症状と、舌苔が白膩で、痰湿の症候を伴う時は、
陳皮、半夏を加味する。(抑肝散加陳皮半夏)

漢方湯剤の使用経験

矢数道明著 『臨床応用漢方処方解説』
癇症・神経症・神経衰弱・ヒステリー等に用いられ、また夜啼・不眠症・癇癪持ち・夜の歯ぎしり・癲癇・不明の発熱・更年期障害・血の道症で神経過敏・四肢衰弱症・陰萎症・悪阻・佝僂病・チック病・脳腫瘍症状・脳出血後遺症・神経性斜頸等に応用される。

龍野一雄編著『改訂新版漢方処方集』
痙攣、動悸、或は発熱、或は寒熱、或は嘔吐痰涎、腹脹、食欲不振、不眠のもの、或は左直腹筋緊張、心下部つかえ、四肢拘攣、或は麻痺、不眠、腹動、怒気あるもの。


桑木崇秀著『新版漢方診療ハンドブック』
パーキンソン病、脳出血後のふるえ、乳幼児のひきつけ、夜驚症、眼瞼痙攣、神経性斜頸、歯ぎしり。

考察

怒りを外に表す患者への適応は容易だが、現代の日本人は怒りを内に秘めており、そのあまり、自分が怒っていることすら自覚しない例がある。
「怒り」の有無を丁寧に問うことが抑肝散(よくかんさん)を活用する鍵であり症例は多い。
メンタルヘルスカウンセリングが必要であり、有用である。

販売価格

大山漢方堂薬局 厳選漢方薬 「抑肝散(よくかんさん『保嬰撮要』)煎じ薬・エキス剤」は、神経がたかぶる人の、神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症に効果的な漢方薬です!
また、認知症の患者さんの周辺症状に効果があります。まずは、1か月のご服用をお勧め致します。

大山漢方堂薬局 厳選漢方薬 「抑肝散(よくかんさん)『保嬰撮要』)」は、
特別割引価格、28日分(84包)、¥7350(税込、送料、手数料込)
特別割引価格 63日分(189包)、¥14800(税込、送料、手数料込)
より、販売致しております。
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ、不安、ナシ)に、お電話ください。

(注意) 上記、大山漢方堂薬局 「抑肝散(よくかんさん『保嬰撮要』)」を、神経がたかぶる人の、神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症、また、認知症の患者さんに、1ヶ月間服用して、効果なしの患者さんには、さらに、効果的な、大山漢方堂薬局 「調合漢方薬(オーダーメイド)」をお勧めします。