大山漢方堂薬局 大山博行 漢方解説
「漢方薬の剤形について」

大山漢方堂薬局 大山博行 漢方解説<br>「漢方薬の剤形について」

ご挨拶、President & Chairman, Meister of Medical Science, Dr. HIROYUKI OHYAMA (Ph.D).

大山漢方堂薬局(東洋医学専門(漢方薬・鍼灸)=鍼灸治療室併設)では、現在、地元、近隣の方々をはじめ、北海道から九州、沖縄県の人まで、日本全国、津々浦々遥か遠方からのご相談者も多くいらっしゃいます。
皆様からのご信頼、本当に、ありがたく思います。
私達は、この事実を謙虚に受け止め、皆様のご期待にそえるよう、現状に甘んずることなく、日々進歩する東洋医学、最先端の漢方薬、鍼灸治療をご提供できるよう、技術研鑽、情報収集他、心して、日々、努めております。
漢方薬局店内は狭く煩雑で、ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんが、どうぞ、お気軽にお入りください。
また、漢方薬と鍼灸治療の併用をお考えのお客様、プライバシーを特に気になさるお客様、ご家族全員での健康相談を希望されるお客様には、ゆったりとした、鍼灸治療室、健康相談室(カウンセリングルーム)もございます。
どうぞ、ご来店前に、事前予約をお願い致します。0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)

写真:2020.10/4(日) 厳選された生薬を選び、漢方薬を調合する、大山博行さん

付録

大山漢方堂薬局 大山博行 漢方解説 「漢方薬の剤形について」

①煎じ薬:1日分の生薬を40~60分煎じて服用するもの
②エキス剤:煎じたものを濃縮し、賦形剤を入れ顆粒、錠剤等としたもの
③原末散剤:生薬粉末を混和したもの
④丸剤:生薬粉末を混和し、蜂蜜・でんぷんなどで練って球形にしたもの

特集: 大山漢方堂薬局 厳選漢方薬 漢方丸剤

「大山漢方堂薬局の漢方丸剤は、様々な利点を持つ漢方薬です」

①粉末そのまま固めたものですので、加熱することで揮発してしまう精油、水に溶けにくい成分、熱で分解してしまう成分など、形の通り、丸ごと利用できます。
②味・臭いがしにくいため、煎じ薬やエキス剤が飲めない人にもご利用いただけます。
③徐々にとけるため、ゆっくり、穏やかに効きます。
④さらに、煎じ薬やエキス剤に比べ、1日の生薬の使用量が少なく、生薬を無駄なく使える環境に優しい剤形です。

大山漢方堂薬局 厳選 漢方丸剤 一覧

①駆於血丸、②桃核承気丸、③桂枝茯苓丸、④桂苓加大黄丸、⑤理中丸、⑥乾姜人参半夏丸、⑦三黄丸、⑧黄連解毒丸、⑨黄解丸加大黄、⑩大甘丸、⑪麻子仁丸、⑫八味丸、⑬六味丸

写真:江戸時代の薬味箪笥

 

①大山漢方堂薬局の「便秘」の人に用いる漢方丸剤

体力がある人の頑固な便秘 = 大甘丸

体力やや虚弱または高齢者のコロコロした便の便秘 = 麻子仁丸

のぼせがありいらいらが強い方の便秘 = 三黄丸

便秘があり、於血の症状が著しい方 = 駆於血丸

於血が強く、便秘があり、実熱タイプの方 = 桃核承気湯

於血があり、生理痛、便秘など下腹部の症状の強い方 = 桂苓加大黄丸

②大山漢方堂薬局の「於血」の人に用いる漢方丸剤

便秘はあまりなく、於血症状のある方 = 桂枝茯苓丸

③大山漢方堂薬局の「胃腸症状」のある人に用いる漢方丸剤

のぼせがあり、いらいらする方 = 黄連解毒丸

体力があり便秘がちでいらいらの強い方 = 黄解丸加大黄

冷え性の方の下痢、腹痛 = 理中丸

体力がない方の胃腸虚弱、吐き気などに = 乾姜人参半夏丸

④大山漢方堂薬局の「頻尿、夜間尿」」のある人に用いる漢方丸剤

のぼせやほてりのある方 = 六味丸

手足が冷えやすい方 = 八味丸

 

写真:江戸時代の薬匙

大山漢方堂薬局 解説 漢方丸剤の製造工程

1)生薬を練る

原料生薬を粉末にします。
粉末にした原料と結合剤等を撹拌します。
練合機で撹拌した原料を圧廷機で板状にします。
この板状になった原料を製丸機にセットします。

2)丸剤の形を作る

板状になった原料を製丸機にかけ、丸く形成します。
丸めた丸剤は、受け皿に入れ乾燥します。

3)丸剤の艶出しと選別

乾燥させた丸剤を艶出し機に入れます。
ドラムの回転により、中で丸剤が回転して擦れ合い、丸剤の表面に艶が出てきます。

乾燥・艶出し工程の終了した丸剤を選別機にかけます。
選別が終わると出来上がりです。

写真:江戸時代の往診用薬箱

大山宗伯東洋医学記念館(新館)

大山宗伯東洋医学記念館(新館) 全景

 

 

ご相談はお気軽に

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラの一般用漢方製剤(症状別)

月別の記事一覧