変形性膝関節痛と漢方薬

変形性膝関節痛と漢方薬

女性に多い膝の痛みを、漢方ですっきり!

年齢とともに進行する膝の痛み。
歩き始めや階段の降りなどで特に痛みます。
膝関節のクッションである軟骨や半月板が年齢と共にすり減って痛みや炎症が起こります。
これは、「変形性膝関節症」といわれるもので、とくに更年期以降の中高年女性に多く見られます。

炎症によって膝が腫れたり、関節の中に水がたまることもあります。
悪化すると外科手術を行わなければいけない場合もあります。
肥満や筋肉の衰え、O脚や脚に負担をかける無理な運動や労働などが原因とされています。

変形性膝関節症の症状

初期

朝起きて歩き始めた時に膝に違和感がある。
しゃがみこみや正座から立ち上がる時に痛む。

中等度

膝関節裏側、内側が痛み、曲げ伸ばしが困難。
坂道や階段昇降で痛む。
しゃがみこみや正座が苦痛。

重度

通常の歩行が困難。
膝が十分に伸ばせない。
階段昇降が交互にできない。

変形性膝関節痛に効く漢方薬は?!

初期の治療は、日常生活指導に加えて、運動療法や理学方法、さらに薬物療法を行います。
薬物療法の一つとして、痛みを軽減し、全身状態を改善する漢方薬が適している場合もあります。
大山漢方堂薬局では、患者さんの体質、症状に合わせて漢方薬を使い分けます。
一番よくお勧めしている漢方薬は、「松鶴鶴姿(しょうかくかくし)」です。
「松鶴鶴姿(しょうかくかくし)」は、体力が中等度以下の人で、筋肉が弱く色白水太り体質で疲れやすく、汗をかきやすい方に用いられ、痛みを抑え、体内の水分バランスを整え、むくみ(関節水腫)を取り去る作用があります。
変形性膝関節症でお悩みの患者さんには、その他、多くの漢方薬を使い分けていますが、漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの中の予防法

・食生活を改善し、肥満を解消しましょう。
・運動不足を解消しましょう。ウォーキングや簡単な体操などで、弱っている太ももや股関節のまわりの筋肉をきたえましょう。水中歩行訓練も有効です。
・毎日お風呂に入り、筋肉をほぐし血行をよくしましょう。冬はコタツも効果的です。
・膝を冷やさないように、サポーターなどを利用しましょう。
・長時間の立ち仕事や無理な姿勢、とくに正座は膝に負担がかかるので避けましょう。