小児のアトピー性皮膚炎

小児のアトピー性皮膚炎

代表的な症状

小児でも乳幼児と幼小児で皮膚炎症状が異なります。

〈乳幼児〉おもに頬部発赤と丘疹、頭部の黄白色の痂皮、かゆみ

乳幼児では顔面、とくに頬部が赤くなり、小さなブツブツ(丘疹)がでます。じくじくすることもよくあります。
頭では黄白色の厚いフケのようなもの(痂皮)が出ます。ときに頸(くび)、胸から全身に拡がります。
体の皮膚の乾いた感じがはっきりすることもあります。かゆみがあります。
乳幼児期で自然治癒する場合と、小児期の型に移行する場合があります。

〈小児〉乾燥した皮膚、苔癬化、強いかゆみ

幼小児期のアトピー性皮膚炎は、乳幼児期から引き続いておこる場合と、乳幼児期の症状がおさまった後しばらくして出てくる場合があります。
一部はブツブツ、ジメジメしますが、全体としては乾燥した皮膚炎です。
全身の皮膚も乾燥気味で、少しザラザラした感じになることもあります。
肘や膝のうら、手、足などに苔癬化(皮膚が厚くなって表面が粗くなった状態)がおこります。
幼児期には耳切れをおこすこともあり、かゆみが強く、ひっかき傷をつくります。
成長につれて、良くなることが多いのですが、一部の人は成人型のアトピー性皮膚炎に移行します。

ご相談はお気軽に

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラの一般用漢方製剤(症状別)

月別の記事一覧