子宮内膜症と子宮筋腫の悩み

子宮内膜症と子宮筋腫の悩み

伴う症状

子宮内膜症、子宮筋腫に悩む女性が増えています。
漢方治療はこれらの疾患によって起こる諸症状の改善に効果を発揮します。

子宮内膜症に伴う症状

子宮内膜やそれに似た組織が子宮腔内以外の場所に増殖する病気です。
20歳~40歳代の女性に多く、症状としては月経痛、過多月経、不正出血、性交痛、不妊などがみられます。

子宮筋腫に伴う症状

子宮の筋肉にできる良性の腫瘍で、30歳以上の女性の4人に1人は筋腫があるといわれます。
できる部位や大きさによって異なりますが、症状としては、過多月経、下腹部痛、腰痛、排尿障害、便秘、不妊などがあります。

治療法

西洋医学の治療は、将来妊娠を希望する場合は女性ホルモン分泌を抑える療法(ホルモン剤のダナゾールやブセレリン投与など)、
妊娠を希望しなかったり症状が重い時は子宮筋腫のみの摘除、または再発の可能性がある場合は子宮の全摘出を行います。

漢方医学では、これらの病気に伴って現れる諸症状を効果的に改善させながら、あくまで保存療法(子宮はできる限り残す方向)で治療を進めます。