体力回復と漢方薬

体力回復と漢方薬

生体防御システムと漢方薬!

人間のからだは、加齢とともに回復力が低下してきます。
とくに、大きな病気、長期の入院、手術の後などでは、患者さんのからだに負担がかかり、目に見えない免疫力(生体防御機能)も低下しています。

全身の倦怠感や食欲不振などの症状は、栄養状態を低下させ、からだの回復に不可欠な免疫能も低下させる悪循環につながりかねません。
ですから、病気と戦う抵抗力がおちているときには、からだ本来の免疫力を補ってあげることが必要です。

漢方薬と体力強化

大きな病気や手術、出産後の心身ともに低下した状態を改善し、免疫能をアップさせる漢方薬を、とくに「補剤」と呼んでいます。
まさに、「からだの力を補う薬」のことです。

漢方薬、「補剤」が引き出す力

補剤とは、誰もが本来もっている免疫力や造血機能、消化機能などを引き出して体内を活性化させる力があり、生体の力を補うことを目的とする漢方独特の薬剤です。

大山漢方堂薬局では、体質や症状によって、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」、「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」、「人参養栄湯(にんじんようえいとう)」、「調寿(ちょうじゅ)」、「離雲(りうん)」、「栄衛(えいえい)」など、その他、さまざまな種類の補剤(漢方薬)を使います。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

病気の後、こんな症状があれば、漢方薬「補剤」を服用する!?

1.疲労、倦怠感がなかなかとれない
2.食欲不振が続いている
3.気力がおとろえている
4.手足が冷える
5.貧血気味
6.手足が重く感じる
7.ねあせ
8.トイレが近い
9.口が渇く

すべて、ヒトの免疫力低下にともなった症状です。
思い当たる症状のあるヒトは、一度、ご相談ください。