アトピー性皮膚炎と東洋医学

アトピー性皮膚炎と東洋医学

大山漢方堂薬局の考え方

アトピー体質改善(根治療法)とアトピー皮膚症状改善(標治療法)を並行して行うことで、
アトピー性皮膚炎の完治を目指しています。

漢方医学(東洋医学=漢方薬、鍼灸)には、二千年の歴史があり、漢方薬を上手に行えば、アトピー性皮膚炎にもすぐれた効果を発揮します。
また、現代医療に疑問を持って漢方治療を求める患者さんも、大山漢方堂薬局には、多くいらっしゃいます。
現在では、大山漢方堂薬局の本格的な調合漢方薬(生薬、エキス製剤、丸薬)、漢方軟膏剤、
アトピーの根治療法(アトピー体質改善)を、希望されて、ご来店される患者さんも、かなり多くなっています。

アトピー性皮膚炎、発症のメカニズムは、まだ完全に解明されていませんが、何かが人体に働きかけた状態で、アトピーになりやすいことは間違いありません。

「体に作用する何か」というのは、食物(農薬・食品添加物など)、ダニの増殖しやすい住居環境、大気、水の汚れなどになります。
さらに、アトピーの場合は、社会変化によるストレス(環境、人間関係)などの心理的要因が、大きなウェイトを占めている点も、見逃せません。
受験や就職ストレスなどによって、アトピー性皮膚炎が悪化するのは、周知の事実です。

大山漢方堂薬局では、アトピー性皮膚炎の患者さんに、漢方薬を調合するときは、
臨床心理学の手法を導入して、患者さんのストレスなどの心理社会的要因を考慮する必要もあります。
実は、これは、漢方医学、漢方療法に根ざした、精神と肉体は切り離さず、心身相関、一緒に治す必要があるからです。
現代医学では、精神と肉体を別々に考えて、精神は精神科、肉体は内科、外科となりますが、漢方では「心身一如」、精神と肉体の両方を診て、治します。

大山漢方堂薬局では、こうした考え方にもとづき、漢方薬、鍼灸、臨床心理学の手法を駆使して、アトピー性皮膚炎の患者さんの「身体」の皮膚症状と同時に、
「心」のほうの状態、ストレス度、心理、社会的要因にも、同じように病気のウェイトをおいて、より治療効果をあげています。
ですから、大山漢方堂薬局で用いる調合漢方薬は、「心身一如の治療薬」となります。

近年、一般的にも、アトピー性皮膚炎の患者さんの漢方薬への期待、漢方薬の効果への注目度が高まっていますが、
まずは、一度、大山漢方堂薬局に、ご相談ください。