紫雲膏(しうんこう)

紫雲膏(しうんこう)

紫雲膏は皮膚の消炎作用と肉芽形成促進作用があります。
紫雲膏は、江戸時代の名医“華岡清洲”創案の軟膏で、「春林軒膏方便覧」に収録され、今日まで受け継がれて来た外用の漢方薬の代表的なものであります。
別名を潤肌膏とか紫雲愈とも言い、主にやけどや外傷などの皮膚障害に用いられる軟膏剤で、最近ではアトピー性皮膚炎にも用いられています。