「乗物酔い」には「乾姜人参半夏丸」「小半夏加茯苓湯」

「乗物酔い」には「乾姜人参半夏丸」「小半夏加茯苓湯」

乗物酔いには小半夏加茯苓湯

医学がどんなに進歩しても治しにくい症状があります。
命に関わるものではないけれど、じわじわと患者さんを苦しめる、そんな症状は漢方薬が得意とする分野です。

小半夏加茯苓湯の速効性

昔からつわりや急性胃腸炎などによる吐き気・嘔吐に対し、頓服ですばやい効果を発揮することが知られている漢方薬です。
時代がめぐり移動手段に自動車や船が出現してからは、乗物酔いにも使われています。
名前は長いのですが、ハンゲ(半夏)、ブクリョウ(茯苓)、ショウキョウ(生姜)の3種類の生薬で構成されています。

 

 

ご相談はお気軽に

著書「脳を守る漢方薬」

「脳を守る漢方薬」

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラ医療用漢方製剤(症状別)