喉の痛み、せき(熱感)に

喉の痛み、せき(熱感)に

銀翹解毒丸(ぎんぎょうげどくがん)

熱感を伴う様な、カゼによるノドの痛み、セキ
銀翹解毒丸は、漢方医学の「風熱(ふうねつ)」のカゼ治療薬です。
インフルエンザなどに見られる「ノドの痛み・口渇」にも。

効能・効果

かぜによるのどの痛み・せき・口(のど)の渇き・頭痛

成分・分量

30丸(1日分)中、混合生薬水製乾燥エキス・・・3.2g
キンギンカ4260g、レンギョウ4260g、キキョウ2556g、カンゾウ2556g、
ハッカ2556g タンズン2136g、ゴボウシ2136g、タンチクヨウ1704g、レイヨウカ0.132g

中医学的に「銀翹解毒丸」を考察する!

漢方医学の「温病」の場合、風邪は口や鼻から体内に侵入し、「ノド痛・口の渇き・舌紅(熱感を伴う様なカゼによる)」等の不快な症状を引き起こします。

漢方医学「温病」の特徴

①さむけ=軽い
②発熱=高くなる
③のどの痛み=強い
④口渇=わずかにある
⑤頭痛=弱い
⑥肩こり=ない
⑦尿=黄色の事が多い
⑧原因=ウイルス・細菌感染によるものが多い
⑨治療処方=銀翹解毒丸(ぎんぎょうげどくがん)が最も効果的

販売価格

150丸(5日分)=1785円(税込)
450丸(15日分)=5355円(税込)
900丸(30日分)=10710円(税込、送料、手数料込み)

漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)まで、お気軽にお問い合わせください。

ご相談はお気軽に

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラ医療用漢方製剤(症状別)