かぜと漢方薬

かぜと漢方薬

かぜは万病のもと、漢方で、しっかり対処を!

顔色が青白く、ぞくぞく寒気を感じるかぜと、熱が出て汗をかき、顔が赤くボーッとするかぜ。
「かぜ」とひとくちに言っても、その種類はさまざま。
症状も、くしゃみや鼻水、せきが出る、のどが痛む、腹痛や下痢、などいろいろです。
かぜの原因のほとんどが、ウイルスによる感染。
ちょっとした体調の崩れをきっかけに、かぜをひくことが多いのです。
かぜは、ひき始めから数日経過し、こじれてくると、症状も変化していきます。
一週間以上たっても、まだ微熱、せき、寝汗、食欲がないなどの症状がつづく場合は、こじれて長びいた証拠。
「かぜは万病のもと」といいますが、特に高齢者は、かぜがもとでいろいろな重い病気が起こるので注意しましょう。

かぜに効く漢方薬とは?

「かぜ」は漢方の得意分野の一つです。
高齢者のかぜは体力が低下して起こることが多いので、特に、漢方が力を発揮します。
西洋薬は熱を下げる、せきをおさえるなどの対症療法が主ですが、漢方薬ではそれよりも、からだが本来もっている免疫力・抵抗力をたかめて、かぜをなおすことに重点をおいています。

大山漢方堂薬局で、風邪によく用いる漢方薬は、
「銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)」と「駆風解毒散(くふうげどくさん)」。
また、ひき始めのかぜには、主に、「葛根湯(かっこんとう)」、「加味葛根湯(かみかっこんとう)」、「加味根(かみこん)=葛根湯合香蘇散(かっこんとうごうこうそさん)」などをお勧めしています。
さらに、症状に合わせて、「麻黄湯(まおうとう)」、「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」、「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」を、特に咳がひどいときには、「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」、「竹如温胆湯(ちくじょうんたんとう)」などの漢方薬をお勧めしています。

ひき始めやこじれたかぜなど、かぜの時期や、同じウイルスによるかぜでも、体質や体の反応が異なるので、それらに合った漢方薬を選ぶことが大切です。

漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法

カルシウムやビタミンをとる

カルシウムやビタミンが足りないと、かぜをひきやすくなります。
とくに、ビタミンCには、ウイルス感染を予防し、治療する力があります。

たんぱく質をとる

消耗した体力を回復させ、抵抗力がつきます。
肉、魚、卵、大豆製品などを多くとりましょう。

体を温める食事と水分をとる

お粥やうどんなど、胃に負担をかけずに体を温める食べ物をとり、発熱で消耗した水分を補給しましょう。