頻尿と漢方薬

頻尿と漢方薬

がまんせずに、漢方相談してください!

ひんぱんに尿意をもよおし、トイレに駆け込む。
夜も何度も尿意で目が覚めてしまう…。
落ち着かず、日常生活に支障が出てしまいますね。
頻尿とは、排尿の回数が多いことを言います。
個人差はありますが、通常、起きている間にトイレに行く回数は、平均5~6回といわれています。
昼間に8~10回以上、夜寝てから2回以上トイレに行くようでは注意が必要です。

原因として、膀胱炎、尿管結石、とくに男性では前立腺肥大などが考えられます。
そのほか、脳の疾患(脳梗塞、脳出血、脳腫瘍)、精神疾患でも頻尿は起こります。
女性では更年期に伴い40代から増加します。
多尿の場合、糖尿病や尿崩症など大きな病気の可能性があります。
頻尿だからといって軽く考え、がまんをくり返すとますます悪化します。

頻尿に効く漢方薬は?

漢方では、個人の体質・症状を重視して調合を決めます。
体質を改善しながら、排尿にまつわる諸症状を緩和するのです。

大山漢方堂薬局では、夜間の頻尿など、排尿に関するトラブルはもちろんのこと、全身のだるさなど、年をとるとともに起こる諸症状には、「長命丸(ちょうめいがん)」を、胃腸虚弱な場合は「清澄(せいちょう)」、血尿や残尿感、前立腺のトラブルなどには、「猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)」、むくみをとり、血行を良くする「猪苓湯(ちょれいとう)」などがよく使われます。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

生活の知恵と予防

・トイレに行くのをがまんしないこと。
・抵抗力を落とさないように、ストレスや過労を避け、体を冷やさないこと。
・足腰をきたえるため、できるだけ身体をよく動かしましょう。