月経前緊張症と漢方薬

月経前緊張症と漢方薬

月経前の不快な症状も、漢方ですっきり!

月経が始まる数日前から、イライラしたり、気分が落ち込んだり、頭痛、腹痛、肩こり、むくみ、乳房の張りや痛みなど、さまざまな身体的、精神的、あるいは行動的症候により、対人関係や日常生活に支障をきたす場合もあります。
このような症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれ、ホルモンのバランスが崩れて起きるのではないかと考えられています。

月経前緊張症(PMS)

身体的症状

発熱、頭痛、肌荒れ、肩こり、むくみ、腹痛、腹部膨満感、乳房の張り・痛み、だるさ、腰痛、便秘

精神的症状

不安感、眠気、イライラ、起こりやすくなる、抑うつ感、意欲低下、集中力低下

月経前緊張症(PMS)に用いる漢方薬とは!?

月経前緊張症は、症状が多彩であるため、さまざまな薬物療法が試みられていますが、まだ治療法が確立されておりません。

漢方薬は、一つの処方で多愁訴の改善が期待できることから、月経前緊張症の適応になると考えられます。

大山漢方堂薬局では、月経血に血の塊が多く、のぼせ、イライラがあり、腹痛がひどい場合は、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、冷えやすく、貧血、めまい、手足のむくみがある場合は、「涌出(ゆうしゅつ)」、疲れやすく、憂うつ感、不眠など精神が不安定な場合は、「清心(せいしん)」、そのほか、「光風(こうふう)」、「天祐(てんゆう)」など、個人の体質や症状に合わせてさまざまな薬を使い分けます。
漢方薬は、作用が穏やかで、ホルモン療法を希望しない方にも、よく使われています。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法

・疲れをためないように、十分な睡眠をとりましょう。
・入浴や軽い運動で血のめぐりを良くするよう心がけましょう。
・食生活に気をつけましょう。
マグネシウム不足にならないよう、魚介類、海藻類、大豆製品などをとり、ビタミンB6を多く含むバナナやレバーなどの食品を積極的にとりましょう。
逆に、脂肪、糖類、動物性タンパク質は控え目に。
過剰な塩分、カフェイン、アルコールも控えた方がよいでしょう。