小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

花粉症、アレルギー性鼻炎によい漢方薬!

小青竜湯(しょうせいりゅうとう) 出典 『傷寒論』
傷寒、表解せず、心下に水け(停水)あり、乾嘔し、発熱して咳し、或は渇し、或は利し、或は噎(むせること)し、或は小便利せず、少腹満し、或は喘す。(『傷寒論』太陽病中篇)

腹候

腹力中等度よりやや軟。胃内停水を認める。

気血水

水と気が主体。

六病位

太陽病。

脈・舌

脈は、浮緊あるいは滑。舌苔は白潤、あるいは白滑。

口訣

気管支炎にして微熱あり、背部に悪寒を感ずる証。(奥田謙藏)
心下に水飲があって、しかも表の邪が解せず、この水飲動揺によって、諸症状を現わすものである。(矢数道明)

適応病名・病態 効能・効果

1)気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒。
上記疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙。
2)気管支炎。

漢方医学的適応病態

表寒による寒痰の喘咳。 風水。すなわち、突然発生する全身浮腫と尿量減少で、表証を伴うことがある。

構成生薬

半夏6、甘草3、桂皮3、五味子3、細辛3、芍薬3、麻黄3、乾姜3。(単位g)

中医学

別名、温肺化痰湯)辛温解表・温肺化痰・平喘止咳・利水。

効果増強

鎮咳作用を強めるために、麻杏甘石湯を合方する。

附子末を加味して作用増強。
森道伯氏が、スペイン風邪(H5NIインフルエンザ)に用いた方剤の1つである。

冷えが強い方のアレルギー性鼻炎や喘息には、二陳湯を合方する。

漢方湯剤の使用経験

龍野一雄著『新撰類聚方』増補改訂版
 1)感冒・流感・気管支炎・肺炎等で、発熱咳嗽、或は悪寒頭痛するもの。
 2)気管支喘息・風邪に伴う化関し喘息で、脈浮、喘咳するもの。
 3)気管支拡張症・肺気腫等で、脈浮喘鳴を帯びた咳をするもの。
 4)肺結核で風邪を引き、喘鳴を帯びた咳が多いもの。
 5)急性慢性腎臓炎・妊娠腎・ネフローゼ等で浮腫し、或は発熱、頭痛、悪寒、或は咳するもの。
 6)結膜炎・涙嚢炎その他の眼病で、充血と涙が多いもの。
 7)湿疹・水泡等の皮膚病で、浮腫等の表証があって、
   或は浮腫状或は分泌が出そうで出ず、掻けば水が出る或は薄い分泌が多いもの。
 8)神経痛・筋肉リウマチ等で脈浮、或は他の表証があり、身体疼重するもの。
 9)老人が咳をしてむせぶもの、百日咳などでむせぶもの。
 10)湿性肋膜炎・肋間神経痛で咳して胸痛し、特に鎖骨上窩にひびくもの。
 11)腹水、小便不利のもの。
 12)膀胱炎で、小便不利、下腹膨満するもの。
 13)胃散過多症・胃液分泌過多症・留飲症・婦人神経症等で、生唾また胃液が口に出てくるもの。
 14)人事不省になり、いびきをかき、口からよだれを流すものを治した例がある。
 15)肛門そう痒で患部が乾燥するものを治した例がある。
 16)副鼻腔蓄膿症・肥厚性鼻炎・慢性アレルギー性鼻炎等で、くしゃみが多いもの、或は鼻塞、眼鼻のあたり浮腫状のもの。

販売価格

大山漢方堂薬局の「小青竜湯(しょうせいりゅうとう・『傷寒論』)(煎じ薬・エキス剤)」は、気管支炎に効果があります!
また、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙に、特に効果があります。 花粉症、アレルギー性鼻炎によい漢方薬です!
まずは、2週間のご服用をお願します!

大山漢方堂薬局 厳選漢方薬 「小青竜湯(しょうせいりゅうとう・『傷寒論』)」は、
特別割引価格 28日分(84包)、¥7560(税込、送料、手数料込)
特別割引価格 63日分(189包)、¥14800(税込、送料、手数料込)
より、販売致しております。
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ、不安、ナシ)に、お電話ください。

(注意) 気管支炎、花粉症、アレルギー性鼻炎などに、上記、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を、2週間服用して、効果なしの患者さんには、さらに、効果的な、大山漢方堂薬局 「調合漢方薬(オーダーメイド)」をお勧めします。

ご相談はお気軽に

著書「脳を守る漢方薬」

「脳を守る漢方薬」

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラ医療用漢方製剤(症状別)