「眠れない人」には「加味帰脾湯」「抑肝散」「酸棗仁湯」

「眠れない人」には「加味帰脾湯」「抑肝散」「酸棗仁湯」

眠れない人に、よく効く漢方薬

加味帰脾湯

体力が落ち、顔色が悪いような人で、眠れない人(不眠症)には、「加味帰脾湯」がよく効きます。
たとえば、入院患者さんなどで、不眠だけでなく不安などを訴える人にも、よく効きます。

抑肝散

イライラが強く、興奮気味で眠れない人には、「抑肝散」がよく効きます。
「抑肝散」は、子どもの夜泣きにも、よく効きます。
また、 「抑肝散」は、認知症の周辺症状(BPSD:Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)にもよく効きます。

酸棗仁湯

心が疲れ、弱って、眠れないときには、「酸棗仁湯」が、よく効きます。
また、不安があり神経過敏の人にもよく効きます。

漢方薬の効果

漢方薬は、心身の状態を整えて眠りを誘います。
不眠の背景には多くの場合、不安や興奮、冷えなどがあるのですが、漢方薬で心身の状態を改善すれば、睡眠の状態がよくなります。

また、漢方薬には、西洋薬(合成新薬)のような、日中の眠気やふらつきなどの副作用はほとんどありません。
これはお年寄りにも使いやすい特徴といえます。
大山漢方堂薬局の漢方薬を服用して、眠れるようになると、心も落ち着いて、全身状態も良くなります。

ご相談はお気軽に

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラ医療用漢方製剤(症状別)