頭痛と漢方薬

頭痛と漢方薬

日本人の三人に一人が頭痛をもち、頭痛に効く漢方薬!

頭がずきずきと痛む。
大事な仕事や楽しい会話などを邪魔するかのように起こる頭痛。
つらいですよね。
実は、日本人の3人に1人が頭痛もちと言われています。

頭痛もちの頭痛は慢性頭痛で、これは緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛に分けられます。

痛みが長びいたり、これまで経験のないほどひどい場合は、脳腫瘍、くも膜下出血などの重大な病気の可能性もありますから要注意です。

主な頭痛

緊張型頭痛

長時間のデスクワークなどによる頭部の筋肉の緊張や、精神的ストレスで起こる。
頭全体がギューッと締め付けられるように痛む。

片頭痛

頭の片側、ときに両側に、ズキンズキンという痛みが起こる。
吐き気がしたり、光をまぶしく感じたり、音に敏感になる。
女性に多い。

群発頭痛

1年のきまった時期、毎日きまった時間帯(明け方が多い)に、ズキンズキンという目をえぐられるような激しい痛みが起こる。

頭痛に効く漢方薬とは?!

「頭痛」の原因は人によって異なります。
漢方では個人の症状、体質に合った薬を選ぶことができます。
たとえば、緊張型頭痛の人などがなりやすい肩こりや目の疲れなどの症状も、同時に改善させることができるというわけです。

大山漢方堂薬局では、
緊張型頭痛の患者さんには、には「真仙(しんせん)」を、片頭痛があり、胃腸の調子がわるく、さらに寒がりで手足が冷える人には「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」を、お勧めしています。
頭痛に効く漢方薬は、他にも「光風(こうふう)」や「川弓茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)」などがありますが、個人の症状・体質に合わせて、適切に使う必要があります。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法

●緊張している筋肉をほぐすマッサージや、首や肩、腕を回したり曲げたりする運動をしましょう。
●休日は十分にリラックスしてストレスはためこまないようにしましょう。
●頭痛が起こったら、痛みをやわらげてくれる飲食物をとりましょう。
  例)緑黄色野菜などのマグネシウムやビタミンB2を多く含む食品
●ゆったりとお風呂につかって血のめぐりをよくしましょう。