せきと漢方薬

せきと漢方薬

まず原因をつきとめ、漢方で、早めに対処を!

せきは、気道に異物、ほこり、煙などなんらかの刺激が加わったときに起こる一種の反射運動で、異物や刺激物を取り除くための防御の役割をしています。

せきには「コンコン」という痰の出ない乾いたせき(乾性咳嗽)と、「ゴホンゴホン」という痰を伴う湿ったせき(湿性咳嗽)の2つのタイプに分けられます。

乾いたせきは、カゼの初期や急性気管支炎などが疑われます。
長い間せきがつづくときは、肺結核の疑いもあります。
乾いたせきも、つづくと湿ったせきに変わることがあります。
湿ったせきは、かぜや気管支炎の進んだ状態や、肺炎、肺結核、気管支拡張症などが疑われます。
痰が出る場合、痰の量や色、粘りなども、病態を見分ける大事なポイントになります。
症状を抑えることよりも原因に対する治療が大切となります。

咳をしずめる漢方薬?!

漢方では咳と痰だけでなく、全身状態と個人の体質とを診て処方が決まります。

大山漢方堂薬局では、気道の炎症を抑え、気管をうるおし、せきをしずめる作用を持つ「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」をはじめ、「柴朴湯(さいぼくとう)」「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」「金竜(きんりゅう)」、「延寿(えんじゅ)」、「松鶴天与(しょうかくてんよ)」、「起生(きせい)」、「如聖(にょせい)」、「寿量(じゅりょう)」などをお勧めしています。

熱はあるか、のどが痛むかどうか、くしゃみや鼻水を伴うか、痰が水っぽいか粘り気があるかなど、症状によって薬が違います。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

気管支喘息、慢性気管支炎によい漢方薬「柴朴湯(さいぼくとう)」についてはこちら。

せきをほうっておくと?

慢性気管支炎や肺炎、一部は喘息などになる可能性があります。
風邪をひいていないのに咳がでたり、いつまでも続いたりする場合は、重い病気の前兆の可能性もありますから、要注意です!

くらしの知恵と予防法

なるべく安静を保ち、ガスや灯油ストーブを避け、室内の加湿やこまめな換気を心がけましょう。
また、痰が多く出るせきの場合はとくに、十分な水分をとるようにしましょう。
タバコを吸っていて咳が続く場合には、まずタバコをやめること。
食べ物では唐辛子など刺激物は避けてください。