便秘と漢方薬

便秘と漢方薬

漢方で、おなかもすっきり、心も体も絶好調!

お通じが一週間も10日もない。
おなかはもちろん、気分も悪くて、下剤をいくつも試し、かえって下痢や痔になってしまった、なんていうつらい経験はありませんか?

「便秘」とは、個人差はありますが、便がでにくく、出ても硬い状態のことをいいます。
(2~3日に一度排便があれば便秘とはいいません。)

便秘のうち、特定の病気が原因でおこらない機能性便秘が、慢性となったものが、いわゆる常習性便秘で、多くの場合がこれにあたり、弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘に分類されます。

便秘が続くと、排便しても硬いため、痔になりやすく、さらにニキビや吹出物ができる、肥満になる、気分も優れず不快感があるなど、体調に悪影響が出ます。

毎日のすっきりとした「快便」で、心も体も気持ちの良い日々を送りたいものです。

①弛緩性便秘・・大腸の緊張が低下し、蠕動運動が減弱して腸内容の通過が遅くなり、水分が吸収されて糞便は硬くなる。
②直腸性便秘・・糞便が直腸へ入ると直腸壁が緊張して内圧が亢進し、排便反射が生じる。この反射の抑制により排便困難となる。
③痙攣性便秘・・副交感神経の過緊張により、下部大腸にけいれん性収縮が生じて糞便の通過が障害される。

便秘によく効く漢方薬!

漢方は、乱れた腸の働きを整え、正常な便通をとり戻すのにすぐれた効果があります。
常習性便秘などでは西洋薬の下剤が合わない人もいますが、そういう人にも使いやすいのが漢方薬です。

大山漢方堂薬局では、いろいろなタイプに幅広く用いられる「大黄甘草湯」、「センナダイオウ錠」、腹部に皮下脂肪が多いタイプに用いられる「意発(いはつ)」、「凌雲(りょううん)」、お年よりなどにみられる兎糞状の便に用いられる「下通丸(げつうがん)」や「麻子仁丸」などをお勧めしています。

多くの漢方薬が体質・症状により使われます。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法

食事

・食物繊維は腸を刺激して排便をうながします。
野菜、くだもの、いも、豆類、海草などをしっかりととりましょう。
・たんぱく質中心の食事だと、便が硬くなります。
糖質や脂肪は、便をやわらかくし、腸内で食べ物のすべりをよくします。
くだもの、ハチミツなどをとりましょう。
とくにオリーブオイルは有効です。

運動

・大腸の筋肉を動かすように、適度な運動をしましょう。

便秘予防のトレーニング

1.毎日、3食しっかり食べましょう。

その上で、1日1回、排便する時間を決めましょう。

2.排便時間が決まったら、便意がなくてもトイレで排便の努力をしましょう。

「痔」がある場合は、あまりきばらないように、「南陽(なんよう)」という漢方薬も、痔によく効きます。