乳腺症、のう胞

乳腺症、のう胞

乳腺症、のう胞について

重い病気ではなく、特に、心配はないが、不安があれば、専門家の診断を受ける。

乳腺症・のう胞=生理前に起こり、生理がはじまると消えていく=バストのはりと痛みに似ている。
①しこりは粒状で、さわると弾力があって痛む。
②肩こりや頭痛がある。
③乳首から、おっぱいのような分泌物が出る。

乳腺症は30~50歳代に多いが、年代にかかわらず、
生理の周期が不規則であったり、出産経験のない人、授乳回数の少ない人、流産経験を持つ人がかかりやすい。

乳腺症の特徴

乳房の構造=乳頭には乳管という管が集まっている。
乳管は乳房全体に張り巡らされていて、乳管の先には乳腺葉がある=この先端を乳腺小葉という。
それら全体を包んでいるのが脂肪組織。 乳管や乳腺葉を含んだ組織が「乳腺」。
この乳腺に、しこりを感じるのが乳腺症=良性のしこり。
片側、あるいは両側の乳房に、ボコボコとした粒状の大小のしこりが確認できる。弾力性がある。
生理による、バストのはりや痛みと同じように、生理前になると、大きくなって痛み、生理が終わると小さくなり、痛みも薄らぐ。

また、肩こりや頭痛をともなう場合や、乳首からおっぱいのような分泌物が出るといった場合もある。

乳腺症が起こる原因

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌のバランスのくずれで起こる。
ストレスが原因になることもある。はっきりとした原因は、不明。
胸に、しこりを感じる乳腺症は、乳がんとの識別がむずかしいが、乳腺症のしこりは、ガンに変化するものではない。
とはいえ、しこりのなかに乳がんが隠れているケースもある=しこりがふれたら自己判断せず、専門家の診断を受ける。
(乳腺症にかかった人は、将来、乳がんになるリスクが高い)

乳腺症といっしょに見つかるのが「のう胞」

乳管の一部が、ふくらんで袋ができ、中に液体がたまる。
エストロゲン(女性ホルモン)の影響でできる。
乳腺症の一種=のう胞が大きくなるとふれてわかる=さわるとツルツルした感じがあり、痛みはない。

治療法

「のう胞」は、良性腫瘍(良性のしこり)なので、特に悪さをしない、乳がんに変化することもない。
通常は経過観察=大きくは、ならないか、数は、増えていないか、を定期的に検査。
のう胞が大きくなると注射器でたまった液体を抜く。

乳腺症の診断は、視診、触診、超音波による検査、マンモグラフィなどを行う。
乳腺症があるとわかれば、ホルモンの分泌異常を改善すれば、自然に治る。
悪化しないかぎり、通常は、そのまま経過観察。

ホルモンバランスを崩す「ストレス環境」を見直し改善する。
長い間、改善が見られず、痛みが増し、しこりが大きくなる場合は、ピルによる治療を行う。

バストに関する病気は、婦人科ではなく、外科の領域になる。
のう胞で、月経異常がある場合は、ホルモンの分泌異常を改善する。