かゆみ、皮膚病の漢方薬(1)

かゆみ、皮膚病の漢方薬(1)

「何とかしたい、してあげたい」かゆみ・皮膚病の漢方薬

アトピー性皮膚炎など、肌のかゆみに悩む方は多いもの。
患者数は年々増え続けています。
困った皮膚病、かゆみ、発赤などへの、漢方の対応を考えます。

(1)かゆみ、発赤、発疹=「血虚血熱」

血熱:皮膚炎・かゆみ・灼熱感のある暗紅色の発疹・口内炎・のぼせ
血虚:皮膚につやがない・頭がふらつく・目がかすむ・手足のしびれやひきつり

(2)かゆみ、肌をかくと白い筋=「血虚生風」

皮膚は乾燥しつやがない・かゆみ(遊走性)・肌をかいた跡に白筋
(少量出血、かさぶた)・発赤や滲出物はない・粃糖疹
※老人性掻痒症と表されますが、若年層にも多いもの。

痒みを防ぐ生活習慣

肌トラブルは、血虚から起こります。
血虚にならない生活習慣「夜更かしをしない」「目を酷使しない」「散歩をする」を守りながら、皮膚病薬を服用してください。
上述の皮膚病薬(温清飲・消風散・当帰飲子)には、血虚治療のための補血生薬が配合されています。
かゆみを抑えるため、「黄連解毒湯を単独で用いる」の話を耳にしますが、黄連解毒湯の薬効は清熱乾湿です。
清熱の働きでかゆみ、発赤に効きますが、乾湿の働きで血虚を悪化させ、かゆみに長期苦しむ状況を作ってしまいます。

漢方専門 大山漢方堂薬局 厳選漢方薬

かゆみ・皮膚発赤の基本薬、再発防止・根治に! 温清飲(松浦)
かゆみ治療の基本薬=本剤を、1日3包・食間(空腹時)に、温湯服用。 その際必ず、
かゆみ・発赤を抑えるための清熱剤(黄連解毒湯や消風散、便秘時は五物解毒湯)を併用する。
清熱剤の服用量はかゆみの強さにより、1~3包間で調節。(軽ければ1包、強ければ3包)

温清飲(松浦)300包(100日分=30包が10袋入) マツウラ温清飲にはこの他、500g(83.3日分)の製剤があります。
〔効能・効果〕湿疹・皮膚炎、月経不順、月経困難、血の道症、更年期障害、神経症
〔成分・分量〕3包中(大人1日量6.0g)、当帰・地黄が各20g、芍薬・川弓・黄今が各1.5g、山梔子1.0g、黄連・黄柏が各0.75g
※「かゆみ・発赤を抑える黄連解毒湯(地熱)」と「皮膚乾燥・皮膚病根本対応の四物湯(血虚)」を併せた薬が、温清飲です。
※皮膚病再発に悩む方は、かゆみ治癒後も温清飲を継続服用ください。(1~3包/日)。再発防止に働きます。
(女児は7歳・14歳、男児は8歳・16歳になる前年・前々年から、年単位での継続服用をします。
その後の人生で再発せず、根治する可能性があります。

上記、漢方薬を16日~32日間服用しても効果に満足できない場合は、より効果的な、大山漢方堂薬局 調合漢方薬(オーダーメイド)を、お勧めします。

大山漢方堂薬局に、一度、お電話ください。
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)

ご相談はお気軽に

著書「脳を守る漢方薬」

認知症、アルツハイマー病、脳血管障害に、光明、最先端科学で、実証された、漢方薬の効果が明かされる。

「脳を守る漢方薬」

エビデンスの解説、紹介
医学博士 大山博行

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラ医療用漢方製剤(症状別)