肥満症と漢方薬

肥満症と漢方薬

ウエストの周りが気になる人、漢方で、お腹のぜい肉撃退しよう!

最近、お腹まわりにたっぷり脂肪がついて、スカートやズボンがきつくなったとお悩みの方、いませんか?
お腹のぜい肉が気になって仕方がないのに、食欲旺盛でたべることを抑えられない。
便秘もあって、イライラするなど、気分もすっきりしませんね。

いわゆる「肥満」には、男性に多い内臓脂肪型と女性に多い皮下脂肪型があります。
主に内臓脂肪型はウエストや胃の辺りが太り、皮下脂肪型は下腹部やお尻、ふとももなど下半身が太るのが特徴です。

漢方では、肥満を筋肉質でがっちりした「固太りタイプ」、皮下脂肪が多い「水太りタイプ」に分けて考えます。

中年以降の太りすぎは、ほうっておくと膝の関節を傷めるだけでなく、とくに内臓脂肪が必要以上に多くなってくると、糖尿病、高脂血症、高血圧、心臓病、痛風、肝臓病などの生活習慣病を引き起こす傾向が高まり、注意が必要です。
脂肪を減らすには、食事療法と適度な運動、そして規則正しい生活が大切です。

余分な脂肪を分解し、痩せる漢方薬とは?!

大山漢方堂薬局では、肥満症のファーストチョイスとしては、「扁鵲(へんせき)」を、お勧めしています。
固太りタイプの肥満には、「意発(いはつ)」、「凌雲(りょううん)」を、水太りタイプには「松鶴鶴姿(しょうかくかくし)」などを症状や体力に応じて使い分けます。

体力があり便秘がちな人によく使われる「意発(いはつ)」は、皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪を燃やし、生活習慣病の発病を防ぐとともに、基礎代謝量をアップし消費エネルギー量を増やして、やせることを助ける働きがあります。

「松鶴鶴姿(しょうかくかくし)」は、色白で汗かきの疲れやすい水太りタイプの方に用いられ、膝の腫れや痛みにも有効です。

脂肪を減らすには、食事療法と適度な運動が基本となりますがこのように漢方を用いることにより、種々の症状を同時に改善できるという特徴があります。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法

食事

過食は厳禁。
間食は避け、一日三回きちんと食べる、夜遅く食事をとらない、早食いをしないなど、食事回数や食事時間にも気をつけましょう。
腹八分目を守り、バランスのとれた食事をしましょう。
また、揚げ物など油をたくさん使う料理、濃い味付けの料理はできるだけ控えましょう。

運動

ウォーキング、水泳など無理なくできる運動を続けるよう心がけましょう。
息を吸ったり吐いたりしながら行う有酸素運動が効果的です。

ご相談はお気軽に

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラの一般用漢方製剤(症状別)

月別の記事一覧