チャーガ(チャガ)

チャーガ(チャガ)

チャーガ(チャガ)とは?

チャーガは、カバノキ類が分布する温帯北部から寒帯北部の日本、中国、ロシア等北半球に生育します。寒冷地でも生育可能な耐寒性のキノコです。
チャーガはシラカバやダケカンパ等カバノキ類の古木の幹に寄生します。稀にハンノキ、ナナカマド、ブナ、カエデにも寄生することがあります。
菌核は、径10~20センチメートル、表面には、亀裂が走り一見したところ石炭のようで黒く硬く、切面は黄褐色です。樹皮下には子実体が平たく広がっています。
原体には匂いが殆どなく、味はやや苦い。
ノーベル文学受賞者のソルジェニツィンの作品「ガン病棟」には、民間薬としてうたわれるチャーガについて記述が見られます。水容性多糖類はマンノース、ガラクトース、キシロース、アラビノース等のヘテロ糖鎖と水不溶性多糖類βーグルカンが主体です。

カバノアナタケは、学名「Inonotus obiquus」と呼び、サビアナタケ属でサルノコシカケ科と近縁のキノコです。
主に白樺の幹に生えることことから「白樺茸」とも呼ばれています。このカバノアナタケの菌核を「チャーガ」と言い、ロシアでは、このカバノアナタケをチャーガと呼んでいます。
カバノアナタケは、白樺やダケカンバなどカバノキ類の生木に発生し、樹皮を破って黒く硬い菌核(チャーガ)を形成する耐寒性キノコです。

チャーガの別名

カバノアナタケ、シラカバタケ、シベリア霊芝、カバノ癌腫病菌

Chaga ( Birch dinker, Inonotus Obiquis ) is a black conk of fungus that grows only in trunks of white birch,
Its use was approved by the Russian Medical Research Council over 40years ago following clinical investigations.

天然チャーガ100粉末(150g)

(カバノアナタケ、シラカバタケ、シベリア霊芝)
ツムラ・グループ日本生薬株式会社

添加物ゼロ 純度100%微粉末

内容量

150グラム

特徴

1.期原種の確かな素材を使用しています。
2.添加物は一切加えておりません。(添加物ゼロ 純度100%微粉末)
3.各種試験を行い厳格な品質管理により製造しています。
   ・微生物試験
   ・純度試験
   ・残留濃薬試験など
4.原料はすべて原体のまま輸入し、さらに弊社にて全数を目視選別し、精選加工しています。
5.弊社独自の受入規格を設定し、受入ロット毎に成分定量試験・微生物試験等の高度な品質試験を行い管理されています。

お召し上がり方

1日あたり5グラムを目安にお召しあがりください。(目的によって異なりますが、1日あたり1から15グラムの範囲でお考え下さい。)
計量スプーンが製品に添付されています。

次の方法をお試しください。
・そのまま食する。
・オブラートに包んで食する。
・蜂蜜や水飴で練って食する。
・お湯に溶いてお抹茶のように飲む(蜂蜜や水飴を添加し、味を調整する方法もある)
・煮出して飲む(懸濁状態の粉末も全て飲む)
・スープなど料理に混ぜて食する。

保存方法

直射日光や高温多湿を避けて常温で保管してください。

栄養成分表示

5グラムあたり
熱量 15.05キロカロリー
たんぱく質 0.11グラム
脂質 0.07グラム
炭水化物 3.51グラム
ナトリウム 0.20ミリグラム

お問い合わせは、
漢方を現代病に活かす!漢方専門 大山漢方堂薬局
0283-22-1574(大山漢方で、イゴ・不安・ナシ)
まで、お気軽にお問い合わせください。