高血圧と漢方薬

高血圧と漢方薬

漢方で、血圧を安定させて快適な生活をおくろう!

ご自分の血圧を知っていますか?
また、正常な血圧値を知っていますか?
一般に、正常な血圧は、「最高血圧130mmHg~最低血圧85mmHg未満」とされています。
また140/90mmHg以上を高血圧とし、治療が必要と考えられます。

40歳以上で多く見られる加齢、遺伝、肥満、食生活などのさまざまな要素がからんで、原因のはっきりしない「本態性高血圧」は、血圧が高い他は自覚症状がほどんどなく、気づかない人もたくさんいます。

高血圧は、ほうっておくと、脳血管障害や心筋梗塞、心臓肥大などの原因となる可能性大です。
合併症を起こさないうちに早めに対処することが重要です。
まずは、血圧を測定してみましょう。

漢方薬は、QOL(生活の質)を改善し、降圧薬治療を助けます

漢方は、血圧を短時間で強力に下げる薬ではありません。
高血圧の患者さんの中にはストレスなどにより頭痛、めまい、のぼせ、肩こりなどの症状を訴えたり、それが原因で血圧コントロールに支障をきたしている患者さんもいます。
漢方ではこうした自覚症状を改善し、患者さんのQOLを改善することを目的としています。
大山漢方堂薬局では、不眠や動悸を訴え、神経が過敏になっている人には、「休意(きゅうい)」、神経系の症状が強く、冷え、のぼせなどの更年期症状を訴える場合には、「清心(せいしん)」、「逍遙散(しょうようさん)」、起床時に頭痛を訴える場合は、「真仙(しんせん)」など、個人の体質、症状に合わせて、漢方薬を使い分けます。
漢方薬に、お迷いの場合は、お気軽に、大山漢方堂薬局に、お電話ください!

くらしの知恵と予防法

・過労やストレスを避け、たっぷり睡眠をとりましょう。
・肥満は高血圧のもと。
カロリー制限と、ウォーキング、サイクリング、水泳などの適度な運動による減量をしましょう。
・塩分を一日7グラム以下に減らしましょう。
ナトリウムが血管中の水分を増やしたり、血管を収縮させて血圧が上がります。
・果物や生野菜、海藻、小魚をとりましょう。
ナトリウムを排出して血圧を下げる働きがあるカリウム、カルシウムを多く含んでいます。
・アルコールは適量(日本酒1合、ビール瓶1本程度)に抑えましょう。
おつまみの塩分にも要注意。
・タバコは厳禁。
タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があり、動脈硬化を起こす可能性があります。
・寒冷にも注意。
急な温度変化も血圧の上昇を招きます。
・トイレで強くいきむのも要注意。
便秘にならないように、食物繊維をとりましょう。