がん関連健康食品、栄養補助食品の解説

がん関連健康食品、栄養補助食品の解説

がんによく用いられている健康食品の解説

<冬虫夏草について>

冬虫夏草は「コウモリ蛾」の幼虫に寄生する、バッカクキン科のキノコで、中国の王侯貴族はこれを不老長寿、精力源として珍重していたといわれます。
この菌は寄生先の選択性をもっており、特に中国の四川省、青海雲地域の3000から5000メートルの高原やチベットの高山の一部に生息する「コウモリ蛾」の幼虫に寄生して、冬の時期に幼虫を栄養分として土の中で幼虫の体内に菌糸核を形成します。
幼虫はキノコにすべての養分をとられてしまうので枯死します。
春には幼虫の頭部からキノコの子実体が発生して棒状の子実体のみが地上に姿を現し、この子実体がまるで草のように見える、その形態から冬虫夏草と呼ばれるようになりました。
虫の幼虫に寄生するキノコの種類は390種を超えるといわれ、「コウモリ蛾」の幼虫に寄生する本当の冬虫夏草ではない似たものを「冬虫夏草」称している場合もありますので、注意が必要です。
日本にも類似のキノコが多種存在しており、これらも含め、幼虫に寄生するキノコを「冬虫夏草」或いは「虫草」としている例が見られますが、古来より中国で珍重されてきた冬虫夏草とは、中国の特定の地域で「コウモリ蛾」に寄生するコルディセプス・シネンシスのことです。

<鹿角霊芝(ろっかくれいし)について>

霊芝(マンネンタケ)は、サルノコシカケ科に属する一年生のキノコです。
霊芝は、中国の古い書物に上品(じょうほん)と記載されているように、昔は庶民の手が届かない存在でした。
この霊芝は、収穫する時期によって活性が大きく異なることが国立大学の研究機関で行われた研究で報告されました。
この発見が、鹿角霊芝に着目するきっかけになったのです。
天然の霊芝には、ごくまれに鹿の角状のものが発見されることがあります。
霊芝の生長過程での環境条件によりこのような形になるのです。
その鹿の角のような形と色から、鹿角霊芝の名で呼ばれています。
学名はGanoderma amboinenseです。霊芝は、棒状に伸びていきますがやがて頭部が膨らみ傘を作ります。
傘が開くということは成長が終わることを意味します。
胞子を傘の裏側に宿し次の世代への交代を準備する、つまり、成長期を過ぎたことを示しているのです。
ですから、育ち盛りの霊芝の状態をつくることができれば若々しさを秘めた霊芝になります。
それが、傘を開くまでの成長期を延ばすことで、鹿角霊芝を人為的に作ることができるようになったのです。
現在は、特殊な栽培技術により鹿角霊芝を安定的に収穫することができるようになりました。

<メシマコブについて>

メシマコブは、中国の植物名で針裂蹄と呼ばれるキノコと同一のもので、主に野生の桑の木にコブ状に生えます。
日本では、長崎県の女島で多く採集されたことから、メシマコブ(俗名)と呼ばれたとされていますが、現在、中国で桑黄と称するものの基原は、キコブタケ(Phellinus igniarius)であり、メシマコブ(P. linteus)とは基原が異なります。メシマコブの形態は、ツリガネタケ、ツガサルノコシカケ、コフキサルノコシカケ等に似ているために、それらのキノコがメシマコブと間違えられることもあります。
メシマコブは自然界での発生が少ないので、入手困難な大変貴重なキノコです。
その優秀性については、以前から一部では知られていましたが、子実体の人工栽培は大変難しく、安定供給ができないため商品化が遅れていました。(但し、菌糸体の培養は容易なので、その応用製品が一部に出回っているようです。)
弊社のメシマコブ製品は、長年にわたり培ってきた植物等の高度な鑑定技術を活かし、峻別した真正の子実体を使用しています。
子実体の人工栽培が難しいキノコの場合、菌糸を培養する方法(菌糸体培養)がありますが、弊社の取り扱うメシマコブは、すべて自然産の天然メシマコブ子実体で、菌糸体培養品ではありません。

<がんとチャーガについて>

チャーガは、カバノキ類が分布する温帯北部から寒帯の日本、中国、ロシア等北半球に生育します。寒冷地でも生育可能な耐寒性のキノコです。
チャーガはシラカバやダケカンバ等カバノキ類の古木の幹に寄生します。稀にハンノキ、ナナカマド、ブナ、ニレ、カエデにも寄生することがあります。
菌核は、径10~20センチメートル、表面には、亀裂が走り一見したところ石炭のようで黒く硬く、切面は黄褐色です。樹皮下には子実体が平たく広がっています。
原体には匂いが殆どなく、味はやや苦い。ノーベル文学受賞者のソルジェニツィンの作品『ガン病棟』には、民間薬としてうたわれるチャーガについて記述が見られます。
水溶性多糖類はマンノース、ガラクトース、キシロース、アラビノース等のヘテロ糖鎖と水不溶性多糖類β-グルカンが主体です。
チャーガの別名:カバノアナタケ、シラカバタケ、シベリア霊芝、カバノ癌腫病菌

<がんとヤマブシタケについて>

ヤマブシタケ(山伏茸)は、山伏が着る篠懸衣(すずかけごろも)の胸につける飾りに似ているところから一般にこの名で呼ばれています。
この他、ジョウゴタケ(漏斗茸)、ハリセンボン(針千本)など、ユニークな形状から様々な名前をつけられています。
ヤマブシタケはサンゴハリタケ科のキノコで、子実体つまりキノコ本体の中央から先端が針状になっています。
中国では熊の手、ナマコ、フカヒレとともに四大山海珍味に数えられ、ホウトウクーの名で知られています。
また、古くから健康食材として珍重されてきました。
乾燥したヤマブシタケを調理素材として上手に使うと、特有の深い味が楽しめます。
ヤマブシタケにはヘテロβ-D-グルカンが大量に含まれています。ヘテロβ-D-グルカンとはキシロース、マンノース、ガラクトコースなどの糖残基が結合している多糖類のことで、これに対してグルコースだけが結合しているものをホモβ-D-グルカンといいます。ヤマブシタケは5種類もの活性多糖を含んでいます。
なかでも「ガラクトキシログルカン」「マンノグルコキシラン」の二つはヤマブシタケに特有の活性多糖体です。

<がんとアガリクスについて>

アガリクスはハラタケ科ハラタケ属のキノコの総称で、西洋料理に使われるマッシュルームのような形状をしています。
分類学上は、アガリクスというキノコは存在せず、アガリクス・ブラゼイ・ムリル(学名:Agaricus blazei Murrill)のことを一般に「アガリクス」と呼んでいます。
アガリクス原体には特異な匂いとうま味があり、傘(径6~11cm)は半球形で、表面は淡灰褐色、繊維状の鱗片に覆われています。
傘は開ききっていないものが良いとされています。アガリクスは、ブラジルのサンパウロ近郊、ピエダーデの山地に自生するものが原産といわれています。
ピエダーデ山中は、日中35℃、夜間20~25℃、平均湿度80%と高温多湿で、定期的にスコールが発生し、夜間は常時霧が発生するという特異な地域です。
その他、北アメリカ大陸のフロリダやサウスカロライナの海岸草地にも自生しています。いずれにしても、天然のアガリクスは大量に採取できるものではありません。
しかし、製品化のためには原料の安定供給が欠かせません。そこで人工栽培の実験が始まり、紆余曲折を経た後に、良品が生産できるようになったのです。
現在市場に流通しているアガリクスの大部分は栽培品です。主な産地は、ブラジル、日本、中国です。
1960年代に、アメリカペンシルベニア州立大のW.J.シンデン博士、ランバート研究所のE.D.ランバート博士が、ピエダーデ山中住民の健康状態の良さに着目、調査したところ「神のキノコ」「太陽のキノコ」と呼ばれるキノコを常食していることを突き止め、その後一気にアガリクスの名が知られるようになりました。

<がんとアガリクスについて>

ハラタケ科Agaricus属のキノコで、ヒメマツタケ、カワリハラタケとも呼ばれています。
ブラジル(サンパウロ付近)や北米(フロリダ~カロライナ州)の海岸草地に自生します。
主な生育地はブラジル東南部サンパウロにあるピエダーデの山地であり、アメリカのフロリダやサウスカロライナの海岸草地にも生育します。
35年程前アメリカペンシルバニア州立大のW.J.シンデン博士、ランバート研究所の E.D. ランバート博士が、ピエダーデ山中住民健康状態に着目し、調査したところ「神のキノコ」「太陽のキノコ」と呼ばれるキノコを常食していることを突止め、その後一気にアガリクスの名が知られるようになりました。
原産地であるブラジルのピエダーデ山中は、日中35℃、夜間20~25℃、平均湿度80%と高温多湿で、定期的にスコールが発生する特異な地域といわれています。
傘(径6~11cm)は半球形で、表面は淡灰褐色、繊維状の鱗片に覆われています。
現在は、ブラジルのほか中国や日本でも栽培されています。

<がんと紅麹について>

麹(こうじ)は、酒・醤油・味噌などの醸造食品を作るときに使用されています。
紅麹は麹の仲間で、米などに紅麹菌を加えて発酵させたものですが、中国の幾つもの古典にも記載されている有用な食物です。
一般の麹と異なり鮮やかな紅色をしているので紅麹とよばれています。
紅麹の原料菌(Monascus属菌)には古くから多数の種類が知られており、その種或いは菌株によって特性が異なります。
種類によっては、シトリニン(Citrinin)などを生産するものもあるので、食品としては、安全性を保証してあることが大変重要です。

<がんとウコンについて>

ウコンとはインド、東南アジア原産のショウガ科の植物で、インド、東南アジア、中国南部で栽培されています。
春にピンクの花を咲かせる春ウコン(Curcuma aromatica Salisb)と、秋に白い花の咲く秋ウコン(Curcuma longa L.)の2種類があります。
この2種類の他にも欝金の仲間の莪朮(がじゅつ、Curcuma zedoaria Roscoe)も「ウコン」として流通していることから、この市場は分かりにくくなっています。
ウコンは、中国では古くから用いられ、古い書物の中にも詳しく紹介されています。
琉球王朝には平安時代に中国から渡来し、王朝では16世紀末には砂糖とともに特産の重要物産として大々的に栽培され、専売制度下で徹底管理、一般の栽培を禁じていました。
当時は大変高貴な食物として民間人には手のとどかないものだったようです。
後に、薩摩藩の琉球侵攻によって沖縄から持ち出され、室町時代には、広い地域へと広まっていきました。江戸時代には幕府が創設した「麻布御薬園」で栽培されました。
ウコンの字には、宇金、郁金、欝金、鬱金などがあてられ、玉金、ウッチン、ウッキン、ウキャン、姜黄(漢名)などの呼び方もあります。
カレーに使う香辛料のターメリックとしておなじみのものです。香辛料として用いる場合は、ウコン根茎の皮を除き、5~6時間煮た後に乾燥させ、粉末にします。
カレーの他、たくあん、ピクルスなどの黄色着色料として使われます。
香辛料以外には、古代から中近東諸国では、黄色染料(インディアン・サフラン)やラマ僧の衣服染めに用いられてきました。
日本でも平安時代から木綿の染料として使われてきた歴史があります。 ウコンの根は円柱形、紡錘形、長卵形をしており、堅く重いものです。
表面に黄色の粉を帯び、切断面も黄色を呈しています。味は苦くて辛く、太くて黄色味の強いものが良品とされ、成分含量も高い傾向にあります。

ご相談はお気軽に

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラ医療用漢方製剤(症状別)