「肩がこる人」には「葛根湯」「二朮湯」「加味逍遥散」

「肩がこる人」には「葛根湯」「二朮湯」「加味逍遥散」

「肩こりくらい」、「五十肩くらい」と軽視しないで

漢方薬を使うとに大切なのは、西洋医学的治療をまず検討し、それで十分な効果が得られなかったときに漢方薬を考えるという姿勢です。
肩こりや五十肩は「この程度は西洋薬のお世話になるほどでない」と判断してしまいがちですが、背景にどんな疾患が潜んでいるかわかりません。
長引く症状には、まず西洋医学的な検査で原疾患がないか確認しましょう。

葛根湯 

肩こりにはまず葛根湯をためしてください。
風邪のときに飲むというイメージが強いのですが、肩こりや頭が重いときに服用すると速効性が期待できます。
葛根湯は風邪だけでなく肩こりや頭痛にも効果を発揮します。
一見意外な組合せですが、風邪のときでも肩こりのときでもこわばった筋肉をほぐして血の巡りをよくするという作用が有効性につながるのです。

二朮湯 

四十肩、五十肩に使われる漢方薬です。
体力が衰えていない患者さんが肩や上腕に鈍い痛を訴えたらためしてください。

加味逍遥散

女性で肩こり、更年期障害など不満や不安が強い場合によく使われる漢方薬です。

ご相談はお気軽に

著書「脳を守る漢方薬」

「脳を守る漢方薬」

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラ医療用漢方製剤(症状別)