宇都宮市で鼻水がピタリと止まる花粉症の妙薬に出合う!「サンワロンM顆粒」

宇都宮市で鼻水がピタリと止まる花粉症の妙薬に出合う!「サンワロンM顆粒」

「サンワロンM顆粒」

栃木県宇都宮市で花粉症の妙薬に出合った。
その名は「サンワロンM顆粒」。適応症の欄には「感冒、気管支炎、咳嗽」とある。
「悪感、微熱、低血圧で頭痛、めまいあり、四肢に疼痛冷感」ともあるから、風邪薬のはず。
花粉症の「か」の字もない。なぜか?

製造元の「三和生薬(株)」の坂田鎮明医薬品製造管理者が言う。
「この薬はマオウ、ブシ、サイシンの3味からなる漢方薬の『麻黄附子細辛湯』です。
どの生薬も体を温める作用があり、即効性がある風邪薬です。
ところが、ある町の医者が花粉症の治療に使用したところ、劇的に効いてしまったのです」
この「鼻水がピタリと止まった」というウワサが口コミで広まり、アッという間に「花粉症の特効薬」になってしまったという。

ちなみに、成分中のブシは「トリカブト」の生薬名。品質維持と量の確保が大変難しいため、「三和生薬」では北海道の農家と契約し、約10町歩(3万坪)の広大な畑で栽培を行っている。
「トリカブトの研究の第一人者、大阪大学医学部の高橋真太郎博士の研究成果を医療に生かすため、1960年(昭和35年)に村山慶吉現社長がこの会社を起こしました」(坂田氏)
「ブシの質では世界一」を誇る同社にとって、貴重な存在の薬といっていいだろう。

「妙薬探訪:日刊ゲンダイ」2002年4月20日 掲載記事より

用法用量

1回1~2包を1日3回、食前または食間に服用。

販売価格

30包入り2100円、90包入り5670円。

注)サンワロンM顆粒を15~30日間服用しても、効果に満足できない場合は、調合漢方薬(オーダーメイド)をお勧めします!
大山漢方堂薬局にお電話ください。

ご相談はお気軽に

同じカテゴリの記事

お悩みの症状から探す

ツムラ医療用漢方製剤(症状別)